包茎手術の必要性はあまりない

包茎には「真性包茎」と「仮性包茎」の2種類があります。真性包茎は勃起しても包皮がかぶっている状態を指しますので、治療が必要です。一方、仮性包茎は勃起すると包皮がむけますので、別に手術は必要ありません。

 小さい頃は真性包茎の男性が結構たくさんいますが、大きくなってくると次第に包皮がむけるようになります。これは問題ありませんが、包皮がむけない人も結構たくさんいます。こうした人は真性包茎になってしまう可能性がありますが、最近は真性包茎の人のための塗り薬が開発されています。こうした薬は泌尿器科で処方してもらえますので、自分の子供が心配だという人は一度泌尿器科を受診することをオススメします。私の住む名古屋にあるクリニックでは処方されるかはわかりません。

 この薬は意外と効果があるといわれていて、多くの人がこの薬で治るといわれています。手術が必要になる人はこのうちの1割くらいだといわれていますので、包茎手術 名古屋で受けた友人もいますが、多くの人は包茎手術を受ける必要はない時代になったといわれています。